さまざまな場所で、一緒に働いて頂くスタッフを募集しています。特設HP開設しました。こちらから。LinkIcon


お問い合わせは:有限会社グラフィカ ☎03-6914-7066 / FAX 03-6914-7076
〒176-0012東京都練馬区豊玉北1-26-7 1F/2F

大切にしていること-3。謙虚かなぁ。




拭うのポリシー、第一番目は、『謙虚』でいきます。




なんだか人生がうまく行かない、って思ったとき、
何かが足りない、って思ったとき、
実は足りないものって、『謙虚さ』なんだと思うんですよね。


「謙虚」って人間関係を好転させる魔法の。。。尻まで言わないけど。


謙虚であるために『yes』(まず、はい!)って言おう。


たとえば、
「やさしい人」になって、また次のご指名をもらおう。
という話。




店頭で『営業』の仕事をしている人、
受注のデザイン仕事の『営業』をしている人、
デパートのバイヤーさんに対して『営業』している人、
お客様(仕事相手)に『営業』をしている人、
店頭に立って『営業』の仕事をしている人、


お客様との電話や会話を聞いていて、たまに感じることがあります。


「自分たちの利益を守る」ことはとても大切。
その主張、正しいことはまさに正しい。


でも、「一番大切なこと」ではないような気がします。






「相手と会話(折衝)しているとき」に限定すれば、まず大切なのは、




相手の立場に立っているか? だと思います。






この人と仕事をすると楽しい。


この人と話をすることが楽しい。


この人と電話をすることが楽しい。


この人に仕事を出すと楽しい。





この人とまた仕事をしたい。


と思われることが必要なのではないでしょうか。




それができれば、
あなたの思う方向に、相手のほうから話を進めてくれます。


で、いろいろな人がいますよね。相手にも。




大人げないですが、できれば接触しないで暮らしたい人もいる。


自分たちの利益しか考えない姿勢、
(職務に忠実な姿勢は、たぶんすごく正しいです。)
でも、そんな方々とはできればお付き合いしたくない。


あたり前ですが、
仕事をしていて楽しくないからです。




(その「楽しさ」中には、「厳しさ」が必要なのは当然ですよ。)






うまくいっていれば、相手も期待に応えようとしてくれるんです。




相手があなたを指名してくるよう、
さらにYESと言ってみてはどうでしょうか。



←前へ次へ→