【2019年12月10日更新 募集職種】
New★1: KITTE丸の内店、及び東急ハンズ新宿内店、販売スタッフ こちらかからLinkIcon
★2: 本社:営業事務スタッフ こちらかからLinkIcon
 

お気軽にお問合せ下さい。☎ 03-6914-7066 担当:鈴木美香/坂本優子
直メールでもご質問やエントリーをお受けいたします。LinkIcon saiyou@grap.co.jp

MESSAGE2

 HOME > メッセージその2

有限会社グラフィカって、どんな会社?

 
「遥かなる他者のためのデザイン」へ向かって。
 

 

 
では、有限会社グラフィカは、どんな会社なのでしょうか。  
 
まず、企業理念はこんな感じです。
 
企業理念の頁へ(グラフィカ企業サイトが開きます)LinkIcon
 
フィロソフィー(かっこつけました)もこんな感じです。
 
フィロソフィー①の頁へ(グラフィカ企業サイトが開きます)LinkIcon
フィロソフィー②の頁へ(   〃   )LinkIcon
フィロソフィー③の頁へ(   〃   )LinkIcon
 
私たちグラフィカは、
手ぬぐい専門店、nugooを運営する会社です。
古くから伝わる伝統工芸を愛し、
少しでも長きにわたって、残そう広めようと努力している
(業界団体のみなさま、生意気ですみません。陳謝)
組織でもありますが、
それを染める「染工場(せんこうば)」などは持っていません。
 
また、日本茶を愛していますが、
お茶の畑もお茶の工場も、持っていません。
 
実体は、企画屋であり、デザイン屋です。
そう、本業は60年(先代からですが)続く『デザイン専門会社』です。
 
(では具体的に。)
 
だからこそ、この会社の仕事とは?
 
nugooの仕事には、「製造」や「販売」より一歩前に、
「開発」や「デザイン」という仕事があります。
 
design:デザインとは、
絵を描くことではなく、どちらかというと線を引く仕事で、設計や計画を指します。
 
デザインって、なかなか説明が難しい概念なんですが、
絵画などの [art] や、様々な [芸術的創作活動] とどう違うの? っていう問いに対して、
いちばん言い当てている気がしているのが、
「他者のための行うもの」というのがわかりやすいかな、と私は考えています。
芸術的創作活動は、「表現」と言うように、やはり「自己のため」であって、
(※自己表現は大切なことです。)
それと対にある「他者のために行うもの」が、デザインでしょうか。
 
わかりやすい一例では、
 
「バリアフリーをデザインする。」(概念を具現化する)
  
「都バスをデザインする。」(公共的な物体)
 
「都市をデザインする」(いわゆるグランドデザイニング/全体計画)
 
「手ぬぐいをデザインする。」(マイクロプロダクトデザイン)
 
などでしょうか。
 
すべてはその「生活者」というか、設計する人=デザイナー以外に「他者」というものが明確にあって、
設計行為そのものが、他者のために行うもの。
 
(会社で行っていることの多くは経済活動で、"お金儲け"とか"売れなければダメ"というというのは言わずもがな基本なので、ここでは飛ばします。)
 
背景には当然、「アート」や、「審美」や、「美の学習」や、「歴史」や、「史学」や、
「伝統の踏襲」や、「鍛錬のようなもの」が少なからずあって、
最終的に複数、もしくは多数を製造するものですから、工学的に多岐に渡る諸条件を、
最適かつ最大にクリアするようなものであって、
また、多くの立場の人(たとえば職人さん)が関わったりする、 総合創作行為と私たちは考えていて、
それに加えてグラフィカでは、伝統工芸等に根ざした旧知のモノ、 普通のモノたちに、
さらに心地いいデザインを加味することを意識しています。
 
(※最近目にする日本の"グラフィックデザイン"は、伝統や審美といった、いわばセオリーといったものや基礎学習感の希薄なものが多くなったなぁと感じます。)
 
話が少し大きくなりすぎましたが、
例えば弊社において、よく募集している「デザイナー」はそのものずばりの話ですが、
「販売スタッフ」の仕事だって、それを「伝える」という、とても重要な役割を担うんです。
 
普通のモノたち、とは、 昔から生活のそばにある普通の道具たちです。
お洒落であるとか、素敵であるとかよりも先に、
問題解決(最近はソリューションなどと言いますね)のためにあった道具たちは、
例えば「手拭い」、「風呂敷」、「傘」などです。
 
nugooは、そんな旧知のモノたちに、もっともっと光を当て、
POPで明るい色合いやデザインをほどこして、
使うたびに楽しくなるような、そんな新しい価値を、生活者の視点で、生活者のために、生み出して行こうと思っています。
 
旧知で伝統を持ったモノたちを、いっそう楽しく見直して、
新しい世代の人たちにも受け入れてもらえるようしてゆく。
 
そのためには先入観を捨て、
既成観念を持たず、
素直にモノと向き合うことから始めます。
 
そんなことを実践しているnugooの商品とデザインの関係は、
たとえばこんな感じです。
 
例①100年も続く伝統工芸の注染の【手拭い】→popな色やデザイン→nugoo®
例②日本の和装文化に根ざした包む布文化【風呂敷】→popな色やデザイン→SQUARE CLOTH®
例③お弁当を包むやさしい食文化【お弁当包み】→popな色やデザイン→bento®
例④日本で独自に花開いた文化【日傘や雨傘】→popな色やデザイン→sun-sun、su-teki
 
母体がデザイン会社という位置づけ、ご理解いただけましたでしょうか。
 
「他者のためのデザイン」を実践する弊社で、一緒に働いて頂ける方、
ぜひここからドアを叩いてみてくれたら嬉しいです。
 
次へいってみるLinkIcon